2010年12月31日

今年もありがとうございました

2010年最後の日。
今日はこれから、歌との合わせです。

私の今年を一文字で表すと「動」。
東京に家を持ち、富山と東京を何往復もしました。国内での移動距離合計は過去最高。
また、自分でこうしよう!と決め、自発的に良い環境を求めて動いた一年でもあります。
公私共に、自分で動けば何事もキッチリ変わって行くことを実感した年でした。

年明けに生まれた2人目の甥っ子がすくすく育ち、どんどん動きが活発になるのを楽しく見ていた年でもありました。
夏には、あるものを捨て、捨てた事で他に大事なものを得ました。決断一つで人生は動く。

さて、あと一つ寝ればお正月。
毎年、年末年始のこの時期は年明けのコンサートのため必死ですが、今年も例外ではなく。来年は早め早めに準備して、心行くまで大掃除が出来る年末を目指したい!
そして、自分が落ち着かず「動」いてばかりいたので失礼を重ねただろう周りの皆さんとの関係を大事にしたい!
ということで、来年は「早め早めに、余裕を持って、丁寧に」を目標に生きていこうと思います。

今年も一年、ありがとうございました!皆様よいお年を!
posted by ikuko at 08:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

no-title

東京行の夜行バスの中で書いています。年末なので混んでる!

20日の横浜、ホテルニューグランドでの連弾は、楽しかったー!
由緒ある旧館のゆったりとしたロビー。上品な方々の醸し出す雰囲気が心地良く、黒川先生も相変わらずの柔らかな語り口、温かなピアノで、素敵な空間でした!お越しいただいた皆様、ホテルニューグランドの皆様、ありがとうございました。
連弾、本番では面白い事が沢山起きましたが、次へのアイデアも生まれ、今後また似たプログラムで出来そうです。楽しみ!

さて、大雪の楽しいクリスマスを経て、もう年末。
今私は、ショパンさん&ラフマニノフさんと、ようやく対話が出来るようになってきた所です。独りよがりの必死で汚い演奏からちょっと抜け出しつつあり、ようやく楽譜から彼らの言葉が聞こえてきました。10日の本番までどこまで出来るか…。キツイけど楽しい。音楽家の醍醐味を満喫しています。
posted by ikuko at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

この週末。

土曜。
富山の演奏家の先輩である、クラリネットのマキさんの結婚披露宴がありました。本当におめでとうございます!
さすがマキさん、普段舞台慣れしているためか、新婦挨拶も堂々としたもの。オリジナリティ溢れる、アットホームな祝宴は、肩が凝らずマキさんの人柄がよく出たものでした。旦那様も優しそうでラブラブな感じで、いいなぁ、としみじみ。
参列したのは富山の音楽関係者が多く、二次会では私を含むピアニストたちがアドリブで突然演奏したりして楽しかった!こういう時に何かパッと弾けるのは楽しいものですね。
末長くお幸せに!

日曜。
東京にて、サックスとの演奏会の合わせ。サックスのきよちゃんとは、愛知県芸時代のご縁で12月5日にご一緒させていただきます。詳細はまた後日。

月曜。
夏に知り合った素敵なピアニスト黒川浩さんに、レッスンをしていただくチャンスがありました!
久しぶりに男の先生のレッスンを受けましたが、これが面白かった!理論的、左脳的。見ていただいた曲だけではなく、いろんな他の曲にポンポン話が飛んだりもして、引き出しの多さに驚くばかりでした。
夜には、尊敬する師匠・田崎先生に同じ曲を見ていただいたのですが、こちらはやはり女性、右脳的。イマジネーションや歌や言葉を大事にして私の中の音楽を開放してくださる。
タイプの全く違う芸術家だけど、どちらもなんて素敵で素晴らしいんだろう。

私も迷わず自分の表現が出来るように、積み上げていきたいものです。

しかし、時間が足りません!今も、富山に向かう夜行バスの中からの更新。毎日あと2時間長く活動していられたらいいんだけどなぁ。
posted by ikuko at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

田崎先生のショパン

IMG_8808.jpg東京。田崎悦子師匠のリサイタルを聴きました。

本当に素晴らしかった…言葉にすると失われそうです。
「音」というものが、こんなに美しいものかと。(ピアノの音という意味ではなく、この世に満ちている万物の音の波動が)
彼女の演奏は、「無難な」音が欠片もないのです。すべての音、すべての動きに魂がこめられ、生命や宇宙の無限が、彼女の上に後ろに、見える。
それだけの集中力は、もちろんほころぶ瞬間もある、でもそんなことは問題ではなくむしろそこに人間の生身の命の熱さを感じるほど。
演奏にはその人そのものが全部出るといいますが、全て本気、全て信念を持って年月を重ねていらした生きざまをつくづく感じ、終演後立ち上がれないくらいでした。

こんな稀有な芸術家を、師匠と呼ばせていただいているなんて恐れ多すぎる。
少しでも影響を受けられるといいな…。

今日はショパンの命日。
posted by ikuko at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚政亭コンサート終了

IMG_8869.jpgお越しいただいた皆様、そして主催の魚政亭ご主人、奥様のおかげで、とても温かい演奏会となりました。
本当にありがとうございました。

日本庭園をバックにした、雰囲気のあるコンサート。会場となった別館「月あかり」は、大正ロマン漂う粋な作りで、中田喜直さんの歌曲の、艶のある美の世界観にぴったりでした。
共演の山本有希子ちゃんは素晴らしい歌声で、さくら横丁、髪、サルビア、ゆく春という今回の中田喜直ワールドは私にとって特別な曲たちになりそうです。

一方、ピアノソロで弾いたショパンやシューマンもよく雰囲気に溶け込んだと思います。西洋の音楽も受け容れる器の広さが「月あかり」にはあります。

有希子ちゃんの歌は、初恋や宵待草も絶品でした。夢二はいいです。
楽しかった!またさせて頂きたいなぁ。
皆様、本当に、ありがとうございました!
posted by ikuko at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

室内楽終わりました

金子鈴太郎さんとの室内楽、皆様のおかげで無事終えることが出来ました。ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

今回のフランスものプログラム、弾くのも大変でしたが、聴くのも結構大変だったかもしれません。
このシリーズは、妥協せずに、あまり一般受けしないかもしれない曲も多く紹介していきたい…とは思っていますが、バランスは難しいものです。

金子鈴ちゃんは、相変わらずとっても表情豊かな演奏。彼のペースで音楽が進んでいき、私は手綱を締められたり緩められたり、鈴ちゃんに操られておりました。
いろんな方と演奏する機会が増えていますが、歩み寄るタイプ、グイグイ引っ張っるタイプ(鈴ちゃんはもちろんこっち)、それぞれすごく勉強になります。しかも鈴ちゃんはもう四年越し三回目の共演、私が成長したところも、まだまだ足りないところもわかってくれていて、スバリぴったりなアドバイスをくれます。次の機会に向けてまた頑張っていきたいものです。

スタッフの皆さん、家族の皆、ありがとう!またよろしくお願いします!


コンサートが終わった翌日には合わせのため東京へ急ぎ、今また急いで富山に戻っています。今週は京都でのお仕事も。頑張らねば!
posted by ikuko at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

私のミュージカル作曲いろは

年末までに、アレンジも含めて14、5曲を作るのです。
台本全体を眺め、曲の雰囲気を掴み、セリフを読み、歌詞を覚えるほど読む。もう三年目なので、なんとなく台本作者さんのファンタジーがわかるようになってきました。なんとなくですが。

スッとメロディが出てくる曲もあれば、これは苦労しそうだという曲もあります。アイデアが浮かばないものはとりあえず置いておいて、音楽の神様からの突然の啓示に備えます。iPhoneのメモ録音機能は必須。

子どもが歌いやすい、いいメロディと、大人もオヤッと思うような美しい和声の移ろいが浮かんだらしめたもの。フフフと一人満足したり、歌詞にジーンときたりしながら、草稿を走り書き。ここが1番楽しい。そして数日寝かせます。
メロディと和声の骨組みが固まったら、曲によってはドラムのリズムやらベース音やら、はたまたオーケストラの楽器たちやらを使ってアレンジ作業に入ります。ここが1番苦しい。各楽器のことを知らないと、現実にあり得ない音を作ってしまう可能性も。ドラムとかわからん…。
今日は、今や懐かしいフロッピーディスクを使うシンセサイザーで、細かく打ち込み。機械に向かって音楽するのは目も神経も本当に疲れます。もうパソコンしばらく見たくない…。

あああ。ハイテクよりも、アコースティックの、シンプルで深い音世界が、私はやっぱり好きです…。
posted by ikuko at 02:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

花嫁のシルエット

IMG_6807.jpg小学校時代の友人の結婚式にて、演奏してきました。
すごく自然体で綺麗な花嫁さんでした!!おめでたい席で弾かせていただいて、嬉しかったです。
どうかお幸せに!

帰宅後は練習練習。
ようやく、自分の音になってきた。ようやく、私なりに音が輝き出しました。ここまでの道のりが、長いのです、私の場合。明日も頑張ろう。
posted by ikuko at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

正念場

トリオの合わせ、ソロレッスン、チェロとの合わせ。
予定ぎっしりのこの東京滞在。

もっと前からやってれば…と頭を抱えるのは毎度のこと。
違うのは、効率の良い練習の仕方を、同じピアノの友人とあれこれ試す時間を持てること。才能ある彼女からのアドヴァイスは、練習時間を大幅に短縮してくれます。感謝。
このまま、ラストスパート。
posted by ikuko at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

ヒューズ先生!

IMG_6807.jpgドイツで私をとても可愛がってくださった恩師、マルティン・ヒューズ先生。
ちょうど今、日本にいらっしゃるとの情報を得て、羽村の演奏会場まで会いに行って来ました。

コンサート後でお疲れのところ、サインを求める人たちににこやかに答えられていた先生。
私を見つけたとたん、「おおお!いくこ!」と満面の笑み。相変わらずの早口で、いったい何年ぶりだろう、とか、今何してるのか、とか、ご家族の話とか、盛り上がってしまいました。
久しぶりにお会いできて本当に本当に嬉しかった!!
そして久しぶりに聴いた先生の演奏はやはり知的でセンス良く…今レッスンを受ければ、また違ったことを吸収できるかもなぁと思いながら、幸せな気持ちで聴きました。大好きな人の演奏を聴くって、本当に嬉しいものです。
またレッスン受けにウィーンまで行きますね、先生!
posted by ikuko at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

音楽の魔力

IMG_6807.jpg金曜の青島先生とのステージ。写真を撮らなかったと書いたら、o先生がわざわざ携帯写真を送ってくださいました。その中の一枚、ホール全景。照明がとても美しいです。
キャパ1180人、ほぼ満員のお客様の前で一人演奏するのは、やはり特別な瞬間です。

さて、演奏会を終え、そのまま夜行バスで向かった東京。お目当ては、我が
師匠がプロデュースされる演奏会。

ものすごかったです…。
音楽って本当にすごい。
興奮して眠れなくなったり、泣けてくるほど気持ちが昂ったりする。麻薬みたい。なんでこんなに好きなんだろうなぁ…。

この世界で、音楽に関わっていけて本当に幸せだなぁと思います。また頑張ります!
posted by ikuko at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

ラフォルジュルネin魚津終了

青島先生とのコンサート、無事?終了いたしました。
お越しいただいたたくさんの皆様、ありがとうございました。
満員御礼、さすが青島先生です。写真を撮らなかったのが悔やまれます。

前日に、もともと予定していたソロ三曲にプラス、急遽青島先生と二曲連弾することになり、我が家のFAXの不都合で楽譜を受け取ったのがなんと当日の朝…。
リハーサルも直前のみで、おかげさまで、バタバタ大笑いな連弾でしたが、青島先生はとても優しくて助かりました。二人であまりにも可笑しくて笑いながら弾いてしまった…こんな本番初めて。皆さんすみません…。

他の出演者の方々は、素晴らしい演奏。
そんな中で私もソロについてはなんとか自分の役目は果たせたかと思います。なにより曲がいい。やっぱりショパンは素晴らしいです。
そして青島先生のトーク、スゴイです…さすが。あやかりたいものです。

さて次は5/23
桜が池クアガーデンです。
3時から45分ほどのトークコンサート。
皆様ぜひお越しください。
posted by ikuko at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

no-title

IMG_6807.jpg遅ればせながら…「もっとカンタービレ」先週無事終了いたしました。
沢山の方にご来場いただき本当にありがとうございました!

打楽器のパワーに圧倒される楽しい本番でした!石川音楽堂の皆さん、打楽器のメンバーの皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。


さて、お次はラフォルジュルネです。
4月30日金曜19時〜、新川文化ホール。ショパンの超有名な曲ばかり演奏されます。
私は幻想即興曲と小犬のワルツ、ノクターンop.9-2という、まさに王道の三曲を弾きます。有名だからこそ面白く演奏したいものです。


東京では、新しい事や素敵なコンサートに豊富に触れる事が出来、毎日ワクワクしたり必死だったり。楽しいです。
音楽の話題が周囲に溢れているので、ラジオ番組のネタに困る事がなさそう。富山の可愛い生徒さんたちにもいろいろ還元していきたいです。
得たものを即アウトプット出来る場があるのはとても嬉しいことです。
posted by ikuko at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

もっとカンタービレ

IMG_6807.jpg明日です。出番を待つ楽器たち。
素敵な舞台設営にワクワク。壁のスクリーンもフル活用します。

◆2010.4.13(火) もっとカンタービレ♪ 第20回 鼓春日和
渡邉昭夫(OEK)を中心とした打楽器アンサンブルSOLAによる「春の鼓動」をお楽しみください。
開演19:00 石川県立音楽堂交流ホール 
全席自由2000円 回数券(4枚)5000円 お問合せ 音楽堂チケットボックス 076(232)8632
打楽器:渡邉昭夫 平松智子 橋本里恵 横山亜希子 石井利樹 長屋綾乃 伊藤拓也
ピアノ:中沖いくこ
テーリヘン/ティンパニコンツェルト、ピアソラ/鼓動など


東京から夜行バスで富山に戻り、その三時間後には金沢に駆けつけたりしてます。忙しいー、でも楽しいー!です!
posted by ikuko at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

北日本新聞

IMG_6807.jpg遅ればせながらお知らせ。

四月九日の北日本新聞朝刊のTVウィークリーをご覧になったでしょうか?
ラジオパーソナリティとして載っていまーす。
良かったらご覧ください♪

iPhoneから初投稿…うまくいくかな〓
posted by ikuko at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。