2012年03月16日

「クラシックの雫」第4回、もうすぐ!

あ!!っという間に、この日がやってまいります。
今年度最後の「クラシックの雫」第4回「動物園・アンコール!」
20110320sizuku.jpg

3月20日(祝)14時開演、富山市民プラザアンサンブルホール
前売一般2500円、高校生以下1500円(当日各500円高)
(「あかちゃんとママのためのミニしずく(公開リハーサル)」は同会場・11時より)

出演:渋谷優花・藤田千穂(ヴァイオリン)、内山隆達(ヴィオラ)、高田剛志(チェロ)、竹田勉(コントラバス)、高森静香・中沖いくこ(ピアノ)、城宝泰子(フルート)、大橋真紀(クラリネット)、伊藤拓也・長屋綾乃(打楽器)、二上泰子(朗読)

思い起こせば一昨年の夏からずっと、私の生活は「雫」一色と言っても過言ではなかったかもしれません。
ようやく、2011年度の予定公演4回まで辿り着きました。

プログラムは、先月新川文化ホールでも演奏したサン=サーンスの「動物の謝肉祭」をメインに、富山の素晴らしい音楽家たちの魅力を存分に味わっていただける内容です。
「謝肉祭」は、朗読も入ってわかりやすく、曲もユーモアたっぷりなので、子供さんたちにもかなり楽しんでいただけます。私の生徒さんたちも、新川公演に来てくれていたのですが、また行きたいと、お母様たちを困らせているほど。ぜひ、感性の豊かな小学生さんたちにナマで聴いてもらいたいです!
曲の何が「オモシロイ」のか、ちゃんと解説しながらなので、クラシック初心者にもぴったり。
もちろん、富山を代表する奏者たちなので、聴き応えも充分です。このメンバーでの演奏は、多分今回が最初で最後でしょう。貴重な機会です。ぜひお越しください!!
niikawa20110210.JPG
これは先月の新川公演の様子。真剣です。


当日は、市民プラザでフリーマーケットも開催されており、大変な駐車場の混雑が予想されます。
公共交通機関をご利用いただくか、乗り合わせの上、時間に余裕を持ってお越しいただけると幸いです。
では、ぜひ会場でお会いしましょう!!
posted by ikuko at 21:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも影ながら、応援してます。
いきたかったのですが、母がお彼岸で!…(〃⌒ー⌒〃)ゞ

らしくでね♪たのしんでね♪
Posted by 高戸美恵子です at 2012年03月16日 22:27
「雫」シリーズは、これまですべて、耳をそばだて、どなたのパフォーマンスも見逃さないようにと、目を見開いて(?)お付き合いしてきました。どの公演も“個性”があって、「音楽にうるさい私」を十分に満足させてくれました。集大成の今回は、むろん、期待大です。魚津公演に参加したOEKの「チェロくん」は、みんなすごいレベル、と称賛していました。Nakaoki
さんの素敵で自信たっぷりな横顔が、もう見えています。
Posted by Yoshiyuki Nakamura at 2012年03月17日 09:21
高戸さん、いつもありがとうございます!
おかげさまで楽しい公演になりました!来年度もよろしくお願いいたします。

中村さん、今年度は本当にお世話になりました!!
毎回、感想をお聞きするのが楽しみなような怖いような(笑)。支えてくださっているのが本当に心強かったです。来年度も温かくも厳しく見守ってくださるとうれしいです。
Posted by ikuko at 2012年03月25日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258074601
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。