2011年03月13日

がんばろう

揺れたと感じた時、一人富山の自宅にいた私は、その後の津波生中継をリアルタイムで見て愕然としていました。
これが本当に今この世で起こっていることかと。
その後、テレビ、twitterなどで状況を追うごとに、一体自分に何が出来るのかといたたまれない気持ちでいました。

「地震とは、非常に《個人的な》体験である。」
そう、阪神大地震を経験した方が書いておられたのを読んだことがあります。
カヤの外にいる私たちが一番よく情報を掴んでいますが、一番大変な被災地には情報は届きにくく、その体験は絶対に私たちには計り知れないほど恐ろしく悲しいもののはず。
出来ることはするが、一緒になって心を落としてはいけない。
募金、節電。そして強く生きる。それが今、私たちに出来ることです。

我が家はNZ地震以来、ずっと暗い気持ちが続いていましたが、twitterに以下を見つけ、励ましあっています。
「【被災されてない方へ】被災地の映像を繰り返し見続けることでPTSDになることもあります。被災されてない方、親類や友人知人の安全を確認できた方は、テレビを切って気持ちを緩めることも大切です。今、何もできないという思いでご自分を責めないで下さい。これから先、できることは必ずあります。」−twitterより

自らの命を投げ打つ覚悟で、原発の処理をしていらっしゃる方々や救助活動をされている方々が多くいらっしゃいます。想像するだけで涙が出ます。本当にありがとうございます。
頑張ろう、日本。人間は、強く、生きる力に溢れています。
←地震前に出来ていた九州新幹線全線開通のCMです。なんだか希望をもらいました。


さて、私が作曲をしたミュージカルが、砺波文化会館で本日午後から上演されます。
昨日、リハーサルを見に行きました。
正直「ミュージカルをやってる場合じゃないのでは…」と思ったことも否定できません。でも、熱心な練習風景、子供たちの力いっぱいの踊りと歌を見ていると、涙が出てきました。
ああ、この子供たちが、これからの日本の希望だと。
こんな時なのに、ではなく、こんな時だからこそ、上演すべきだと思いました。

もちろん、音楽は衣食住ほど差し迫ったものではない。けれど、いつかまた被災地に、豊かな音楽が響く事を願っています。
私に今出来る事を、これからミュージカルを精一杯演じる子供たちを見守ることで、一つ果たしてこようと思います。


posted by ikuko at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中沖さん今年のミュージカルどうでしたか?   昨年のミュージカルの日のブログを見た時 曲作りの大変さを改めて知り、今回は楽譜をもらうたびに中沖さんのブログのコメントが思い出されてなりませんでした。私は、昨年の春から東京の高校に行きミュージカルの練習には月に2回しかこれませんでした。寮、来るバスの中で中沖さんの素敵なピアノ伴奏が私を勇気付けられていました。特に思うようにならなかった時、先生に叱られた時。      素敵なピアノ伴奏にあわせ、踊る事が出来ました。又、本番、1週間前に東京から帰ってきた私は、不幸中の幸い地震に遭わずにすみました。     今度は、中沖さんの生のピアノコンサートに行きたいです                         

Posted by ミュージカル・ミサキ at 2011年03月14日 15:15
みさきちゃん
本当に、素敵な舞台でした!!ありがとうね!!
こうやって私が作った音楽が、皆の身体の中に入り込んでいることを思うと…作曲というのは本当に責任重大な作業だと思います。私の曲を愛してくれてありがとう!来年も出られるのかな、ぜひ頑張ってね!!
Posted by ikuko at 2011年03月17日 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。