2011年02月16日

このごろ。

最近、ありがたいことにまた生徒さんが増えてきて、ひどい時は7時間ぶっ通しでレッスンという日が続いたりします。
レッスンで手を抜くということが出来ない性分ゆえ、音楽的な頭と耳と言葉と、子供の様子を感じ取るアンテナをフル活用、ずーっとテンションやや高めで子供一人一人に向き合っていると、これがもう…疲労困憊。

3月のコンクールに出る子も多いので、またレッスンに熱が入ったりもするわけですが。
コンクールに出るとなると、基礎的なこと(テンポにキッチリはまっているとか、転ばず、かつ音楽的に弾かせるとか、指の独立性とか、音の響かせ方とか、様式感とか)を徹底的に仕込まなくてはいけなくて。それまでグチャグチャでも楽しく踊りながらニコニコ生き生きと弾いていた小さな子に、そういう基礎を厳しい顔で仕付けていくうちに、彼らの笑顔が消えて固くなってしまう傾向というのはやはり大なり小なりあるのです。もちろん、基礎は必要不可欠で、ある時期泣きながらでもちゃんとやるべきことだし、それを乗り越えなくては本当の音楽の楽しさはわからないのだけど、でも、小さな子が天真爛漫の笑顔で弾く演奏はグチャグチャでも、本来の個性がそのもの出ていて、いいものなんだよなぁと思ったりもする自分がいて…この甘さは良いのやら悪いのやら。なんとか伸びやかさをなくさずに音楽が洗練されていくと良いのだけど。


ああ、ブログを書いてる暇はないんだった!実はこの間、事故っちゃって(マジで死ぬかと思いました、他人を巻き込まなくて良かった。)只今代車生活ですとか、いろいろご報告あるんだけど、ラジオ原稿作らなくちゃ!「虹色クラシック」、3月はシューベルト特集です!


posted by ikuko at 23:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケガがなくって不幸中の幸いでしたね。。。

仕事も忙しそう。コンサートやミュージカルももうじきじゃなかったですか?
健康には気を付けて。なんと言っても身体が資本ですから。
Posted by t-joke at 2011年02月17日 19:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。