2010年06月27日

生徒さんのピアノコンクール

この週末は、生徒さんたちがピアノコンクールに出場。
ハラハラドキドキしながら、応援に行ってきました。子供たちの演奏は、個性が出ていてなかなか面白いものです。皆よく頑張ってるなぁ。

コンクールはホンの数分の演奏。例えば緊張してミスをしてしまったり、ちょっと固くなってしまったりするのは、当たり前の事。
いつか何かのコンクールの審査員さんが講評で仰っていました。「審査員が見ているのは、その時の調子ではなく、その子の“実力”です。」と。最初の小節を聴いただけで、音に対する敏感さや音楽性というのは、わかるものなのです。ミスはあまり関係ない。(…とはいえ、自分が弾く立場だと、ミスは気にしてしまうのですがね。)
だからこそ、教える側としては、コンクールのための曲を仕上げさせるだけではなく、いかに「実力」をつけていくかを考えなくてはいけない。

もともと才能があり、意欲もあり、どんどん曲を進めていく子には、それに応えて少し高いレベルのものをどんどん与えていけばいいのですが、ヤル気はあるのだけど、なかなか技術や音楽性が追いつかない子に、どんな教材を与えていかにポイントを突いたアドヴァイスをしていくか…ピタリとハマれば、正直あまり期待していなかった生徒でもグングン伸びていく場合があるということがここ数年でわかってきて、本当に教える側の責任というか重要性というか…いや、前向きに言えば“教える事の可能性のオモシロさ”を実感しています。
すぐには結果は出ないけれど、数ヶ月前の自分と比べてここまで出来るようになった、という実感を味わって欲しいなと思います。

さて、予選通過した子は、本選に向け、また特訓です!
そして私自身は、ラジオ収録にレッスンに原稿作りに、全くトコトン忙しい…短い時間にいかに集中して効率よく練習するかがカギ!!


私信:Tちゃんのお母様。メアドがわからず、こちらで失礼します。いつも楽しみに聴かせていただいています。今日も素晴らしいハイドンでした!今後ともよろしくお願いいたします!


posted by ikuko at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。