2010年06月13日

室内楽コンサート終了

西江辰郎さんと上森祥平さんをゲストにお迎えした室内楽コンサートvol.5、無事終了いたしました!
ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました!!!

前々日から富山入りされたお二人。
お天気に恵まれ…恵まれすぎてむしろ暑い暑い富山。
よりによって、季節の変わり目ゆえ練習会場の空調がまだ効かず、一曲弾くごとに汗が噴き出すという苛酷な環境の中での合わせ練習。痩せる…。お二人には本当に大変な思いをさせてしまいました。
それでも、全く手を抜かず、妥協せず全力で曲に取り組む姿勢はそれはもう素晴らしくて感動。私もそれに全力で答えるべく頑張りました。

ハイドン、トゥリーナ、メントリというプログラム。
ハイドンと特にメンデルスゾーンは、ピアニスト泣かせの難曲。生き生きとした音楽の流れを作りたい西江さんの思いになかなか答えられず自分で歯痒い思いをしながらも、三人共通の着地点をどうにか見つけようと真剣…というか私はとにかく必死な直前練習二日間でした。
IMG100611.jpg
練習後はお魚を食べに連れて行ってもらいました。美味しかった!
三人とも、暑さにやられてグッタリ気味。今回の貴重なオフショットです。

このメンバーで初めてやった去年はとにかく手探りでしたが、二回目ともなるとお互いの癖や音楽の好みがだんだんわかってきます。
本番の演奏中は、二人の思いやりをひしひしと感じつつ「いいのかな、どうなの、いくの、いかないの、いっちゃえー」みたいな無言の押し問答も、実は密かにしておりました。ああ、面白かった。
二人は、演奏も熱いしセンス良いし、人柄も優しくて大人で、一緒に弾けて今年もとても幸せでした。
来年は、どんな感じになるでしょう。楽しみです。


本当に、たくさんの方にお越しいただき感謝感謝です。
こうやって、室内楽シリーズを続けていけるのは、応援してくださる皆さんのおかげです。継続していくのはとても大変ですが、これは、私の富山でのライフワークと思って、頑張ります。
会場でだけ販売した私の初CDをご購入くださった方々も、ありがとうございました。

当日お手伝いいただいたスタッフの皆さん、録音技師さん、調律師さん、譜めくり&陰アナのKちゃん、そして、事前準備から後始末まで段取り良く進めてくれる父と母に心から感謝します。


posted by ikuko at 12:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまです。T学園打楽器のAyanoです(^-^)

気になってたので聴きたかったです(>_<)機会があれば今度は行きます。

ではでは、今度お家に遊びに押し掛けますね♪
Posted by 瀞 at 2010年06月14日 00:14
Ayanoちゃん
来年は是非聴きに来てね〜!最近富山には来てる?とりあえず、一回東京の我が家で飲みましょう!(笑)
Posted by ikuko at 2010年06月14日 08:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。