2009年10月16日

一段落?

ここ数日、レッスンに来る生徒さんたちとの一対一の真剣勝負(お弟子との毎週のレッスンは、年齢を問わず、神経を研ぎ澄ませ集中力を要する闘いみたいなものです)に疲れたら、ドビュッシーの静謐な音の響きに癒され、そして楽譜を読み込むのに疲れてきたら、今度は小さな生徒さんたちの元気の良い笑い声といたずらっぷりに心がほぐされる、そんなこんなの繰り返しをしております。
ラジオ収録の帰りに局の方と一緒にサンサンと陽のあたるレストランでランチしたり。ああ、人間らしい生活が戻ってきた〜という感じ。

先週まではなんだか気持ち的に忙しくて、音の静寂というか「間」を楽しむ余裕があまりなかった気がするな。必死だったからなぁ。
久しぶりに、ちょっと気持ちを落ち着けて、楽譜と向き合って対話する時間が出来ると、見えなかったもの、聴こえなかった音が聴こえてくる。
ドビュッシーは、そんな音との対話にぴったりです。


さてそう言いつつも、明日は合唱団クール・ファミーユが中学校でコンサートをします!
先日の信長先生の講習を受けて、どう変わることやら。楽しみ。
…楽譜製本しなくちゃ!!


posted by ikuko at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。