2012年10月18日

あすなろの森コンサート・オーディション終了

毎年一月に開催している「あすなろの森コンサート」のオーディションが教育文化会館で行われました。
今回は、26名の小・中・高校生が応募してくださり、熱演を聴かせていただきました!
最近の子供たちは本当に上手!今後も幅広く豊かに音楽を味わい、表現していってほしいなぁ。

一緒に審査をさせていただいたのは、去年に引き続きピアニストの高橋多佳子さん。
一年ぶりの再会、とっても嬉しかった〜!相変わらず、丁寧で可愛らしくて素敵な方でした!!
IMG_1569 (338x450).jpg
カニをたくさん食べた後。この写真、ランプが帽子みたい〜!と多佳子さんは恥ずかしいと仰ってましたが、なんか似てると言われたので嬉しくて載せちゃいます。

来年のあすなろは、今日選ばれたリトル・ピアニストたちと、高橋多佳子さんのリサイタルになります。私は、なんと多佳子さんと二台ピアノで少しですが共演させていただくことに!恐れ多いですが頑張ります!!
posted by ikuko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

審査員!

本日は、お隣、石川県の白山市にて行われた青少年音楽コンクールのピアノ部門の審査をしてきました。
のびのびとした、子供たちへの愛情あふれる温かい雰囲気。伝統ある素晴らしいコンクールです。

審査は、97人一人一人について講評を書きながら行いました。おかげで鉛筆を握っていた右手の親指が固く動かなくなってしまったほど!久しぶりにあんなにたくさん鉛筆で字を書きました。
しかし楽しかった!一所懸命弾いている姿は、ほほえましくて、どうアドヴァイスすると一番いいのかなぁと頭をフル回転させながら、こちらも心を込めて審査させていただきました。皆、頑張ってるなぁ、偉いなぁ。
IMG_1555 (338x450).jpg
ご一緒させていただいたのは大阪からと福井からの、大学の先生方。とても気さくな方々で、休憩時間も和気あいあいとお話しいただき楽しかった!
音楽について話をするのってやっぱり楽しいです。初対面でも、音楽という共通言語があるおかげで、なんだかすごく分かり合えるような気がします。
良いものを目指す気持ち、って、本当に、清清しくて心地よい。年齢、性別、立場、全て超えて、なんだか音楽を中心に会場が一つになっていた気がしました。
今回は、結果発表の時に「全体講評」というものを会場の皆さんの前でしましたが(実は初体験!)、これが緊張した〜!こんなに日々迷い、悩み、ピアノと一喜一憂している私が、人前で何を偉そうに語れるのかと。コンクールに出演した方々と同じように私も緊張して足が震えました笑。
他の先生の講評はとても整理されていて素晴らしくわかりやすく、私自身とても勉強になりました。さすがだなぁと惚れ惚れ。何事も経験ですね。
さぁ私も頑張ろう!!
posted by ikuko at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。