2011年04月29日

5月の演奏予定

GWですね!
先日ラジオ収録のため、砺波へ出かけると、畑一面鮮やかなチューリップが咲き誇っていました。もう、そんな時期なのですね。桜、チューリップ…。春の花は特別に好きです。

さて、5月の演奏予定を。(サイトのトップページがなかなか更新できずすみません。)
====================================================
■5月12日(木)横浜ホテルニューグランド
 ロビーコンサート〜午後のひとときをピアノの音色とともに〜
  第1部 14:00〜14:30 第2部 14:40〜15:10(私は第2部に出演します)
入場無料   ピアノ 黒川 浩・中沖 いくこ
モーツァルト:ソナタKv.521より第1楽章、中田喜直:「日本の四季」他
詳しくはこちら

■5月15日(日)小矢部 日本料理 魚政亭
東日本大震災 復興支援チャリティコンサート 祈り〜今、私達に出来ること〜
午後2:15開場 2;45開始
※地震発生時刻2時46分に来場者全員で1分間の黙祷後スタート
●会場 「魚政亭」及び、別館「月あかり」
●出演 ピアノ 中沖いくこ、ヴァイオリン 渋谷優花
●チケット \2,000(珈琲・お菓子付)
※チケットは当日でもお求め頂けますが椅子席に限りがあり、立見になる場合もございます。ご了承ください。
※代金はコンサート当日、受付にて預かり、後日、全額を日本赤十字社へ寄付。

■5月22日(日)『朝活クラシック 〜気軽にピアノやヴァイオリンに触れあおう〜』
午前9時開始、トークがメインで演奏は皆さんご存知の曲を中心としたものです。
場 所 : 富山市民芸術創造センター リハーサル室(富山市呉羽町2247−3)
参加費 : 500円(会場費、資料代として)
定 員 : 40名 
ピアノ 中沖いくこ、ヴァイオリン 渋谷優花
詳しくは、こちら(mixi内のページです)
朝活については、こちらをどうぞ。
====================================================

ホテルニューグランドの演奏会は、本来3月にするはずでしたが、震災のため延期になっていました。徐々にこのような催しを再開できていることに感謝です。
連弾は、学ぶところがとても大きい!黒川先生とは弾いていてとても楽しく、今回もすごく待ち遠しい本番です。

魚政亭さんも、震災後、なにか力になれないものかと模索していらしたそうで、とんとん拍子に話が進み、今回お手伝いをさせていただけることになりました。魚政亭さんは私たち音楽家や芸術に関わる方々への理解が深く、いつも心を込めて一生懸命に「場」を作ってくださいます。本当にありがたいことです。
本当の復興支援とは何か、私は何が出来るのか…答えは簡単には見えませんが、精一杯演奏したいと思います。

「朝活クラシック」は、私の生徒さんの、お父様がお話をくださいました。
私が企画した室内楽シリーズ「クラシックの雫」の、開催に向けての思いに共感してくださり、ぜひ私の思いをもっと多くの人に知らせたい、と動いてくださったのです。
演奏はもとより、「雫」開催に至った経緯や将来の展望なども語ってほしいとお願いされているので、トークもたくさんさせていただく予定です。
朝活富山を主催されている方にもお会いしましたが、とてもとてもフットワークが軽く、聡明で内なる情熱に溢れた方でした。
…何事も既存の枠を飛び越えて自主的に動くのは、難しい側面が本当にたくさんあります。
けれど、熱い思いを持っているもの同士、ジャンルが違っても手を取り合っていくことができるとわかり、とても嬉しく、感謝でいっぱいです。しかも、普段一生懸命レッスンしている生徒さんのご家族が私を理解してくださり、熱く熱く支援してくださるとは、もう、感激で、今までの苦労が報われるようです。
捨てる神あれば拾う神あり。
他にもたくさん応援してくださる方々がいらして、私は本当に幸せ者です。
その分、責任も大きくなっていきますが、精一杯やります。
自分が自分であるために、ブレずに、私は私の信じる道を行こうと思います。
posted by ikuko at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

音楽の力

コンサートシリーズの開催にあたり、いろいろな方へご協賛のお願いをしに伺っています。
快くご協力をいただいた方々へ、心より御礼申し上げます。

「若い力に溢れたコンサートで、被災者の方々に勇気を与えていただき、早く日本が元気になるよう願っております。コンサート今から楽しみにしております。」
ある企業の理事長様からの書類には、こんなメッセージが添えてありました。
これまでも、よく私が企画するコンサートにお越しいただいており、いつも「頑張っているね」と温かいお言葉をくださる方です。嬉しくてご紹介してしまいました。
他にも、過分のお気持ちをいただいたり、名前を出さなくてもいいからと、陰から応援くださったり…。本当に、皆さんの温かさに感謝感動です。
どこの世界でもトップに立つ方というのは、やはり器の大きさが違うなぁと実感することもしばしば。私のような世間知らずの小娘にも、本当に丁寧に接してくださいます。本当にありがとうございます。

政治や経済から、遠いところにあるのが芸術のように思っていました。もちろん、芸術の真価は、お金や人間関係のシガラミなどとは全く関係ない。けれども、社会の中で音楽を伝えていくためには、やはり社会を知らなくてはいけないのだと、この歳になってようやく実感しています。毎日が、社会勉強です。

皆さんのお気持ちに応えるべく、頑張らなくては…。とはいえ、音楽そのものが持つ力を考えると、音楽家は音楽を、余分な事をせずにそのまま伝えるのが一番の使命だと最近は思っているので、妙に力みすぎずに、音楽に誠実に向き合って演奏したいものです。

さあ、頑張ります。
こんな温かい、涙が出るような音楽を、死ぬ前に一度でも出来る事を夢見て。
(ドミンゴの貫禄、温かい人間性…この動画では、彼の存在そのものが感動を与えてくれている気がします。この時期に日本へわざわざ来ることの意味はとても大きい。感謝です。)
posted by ikuko at 12:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

頑張る!

一ヶ月経ちました。
富山では、たくさんの桜が見事に川縁を彩り、重そうに、たわわに薄桃色の花房をぶら下げています。
これだけの色彩を内に秘めていた、桜の、太くゴツゴツした枝や幹の生命力。
被災地の、今は茶色に覆われた土地にも、色々な意味での花が咲いていくことを願わずにいられません。

しかし、あれから、自分がどんなスタンスでいるのが正しいのか分からなくなった方も多いのではないでしょうか。
自粛の気持ちはある、けれども結局それは日本のためにはならない。復興を応援したい、けれども出来ることは限られている。ガンバレと言いたいけれど、被災地の方々はすでに精一杯頑張っていらっしゃる。正しい情報を知りたい、けれども多くの情報を見れば見るほど、どう動くべきなのか、むしろ今は動かない方がいいのではないか、と迷う。
原発問題にしても、言いたいことはたくさんあるけれど、私が何を言っても現場の方々の言葉に比べたら軽すぎるものでしょう。
日本中に溢れる「矛盾と葛藤」。
でも、それが全て、物事を「良い方向に」動かしたいと願う思いから生まれていることを信じ、目の前にある自分がすべき事を精一杯こなしていくしかないと思うこの頃です。


ということで、発表いたします!
私が、去年の夏から密かにじっくりと取り組んできた企画が、形となりました!
表紙.jpg
クラシックの雫 チラシ表紙

様々ないきさつを経て、富山市民プラザさんへ直接お話を持ち込ませていただき、何度も企画書を書き直し、話し合いを重ね、実現しました。
私が代表である「音楽企画ムジーククライス19」と、「株式会社富山市民プラザ」様との共同主催での、室内楽コンサートシリーズです。
2mini.jpg
チラシ内面左ページ
3mini.jpg
チラシ内面右ページ

今年度は全部で4回。出来れば何年も積み重ね、富山ゆかりの若手演奏家たちの活躍の場となればいいなと思っています。
出演者のプロフィールを含めた、チラシのpdfファイルはこちら。全体チラシ.pdf

詳しくは、「クラシックの雫 公式サイト」(近日公開)にて順次発表していきます。

たくさんの方に足を運んでいただき、地元の若手演奏家がもっともっと元気になること。
これが、クラシック界の地域活性につながると思います。
まずは純粋に、自分たちが必死にやる。頑張ります。
posted by ikuko at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。