2011年03月20日

ふるさと

数々の情報に惑わされ、不安になったり悲しくなったり憤ったりしていた不安定な一週間が過ぎ、ようやく少しずつ機能すべき所が機能し始めているように思えます。現地で決死の覚悟で動いていらっしゃる方々には本当に頭が下がります(東京消防庁の会見は小気味よくて素晴らしかった!)。私にすぐに出来ることは今のところ募金しかないのですが、長いスパンで何が出来るかゆっくり考えていきたいと思います。(ちなみに日本赤十字社で募金をクレジット決済できます。街頭募金が気恥ずかしい方はぜひ。ボタン一つなので気分的に現金よりも大金をエイヤッと寄付できます。)

先日NHKの番組の中で、福島で被災された方がインタビューで「ここは本当に自然が豊かで美しい“ふるさと”なんです。皆で戻ってきたい。」と仰っていて、ガツンときました。
必ず数十年に一度は大地震が起こるという土地、しかも原発もあり、津波で町は壊滅状態。私は「そこから逃げ出してきて!」と思っていました。でも、住んでいる方々にとっては、かけがえのない、愛する故郷なんですよね。
富山にずっと住み続けている私の母親は、いつも「富山が一番」と言います。ドイツや東京、名古屋にも住んできた私はそんな考え方があまり好きではありませんでした。それでも、DNAの中に故郷は刷り込まれていて、富山での活動を一番に考えて行動している自分がいます。
「ふるさと」というのは、こうも重みのある言葉かと、今強く思います。


さて、この連休は、私のピアノの「ふるさと」である富山県青少年音楽コンクールと富山県新人演奏会が開催されています。
私が小さい頃、初めて出場したコンクール。今でも、当時の先生方(私にとってはすごく怖い先生たちです…笑)がほぼそのまま中心となって開催していらっしゃいます。
久しぶりに拝見するお顔。ああ不義理をしているなぁと思いながら、心が一気にあの頃に戻ります。
私が、音楽が本当の意味で楽しくなり、伝えたい、と、舞台の上で表現することを躊躇しなくなってきたのは、つい最近のことです。それまでは「間違ったら怒られる」「下手だと思われたくない」という気持ちでいっぱいでした。コンクールはその象徴でもありました。当時の審査員の先生方にお会いすると、今でも萎縮してしまいます。(今日、実は私も新人演奏会の伴奏者としてちょっとだけ出演したのですが、久っっしぶりに、どえらい緊張しました…)

それでも、コンクールには出場してよかったと思うことの方が圧倒的に多い。あの頃必死で練習したおかげで今の自分があります。
私は、今、自分の生徒を何人もこのコンクールに出場させています。それは決して、県内の同学年のあの子に勝った負けたと言う事が目的ではない。そんなのは小さなことです、世界にはもっともっと上手な人が山ほどいますから。
その子なりの精一杯をしてほしい。今結果が出なくても、いつかその子の人生において「あの頃あんなに頑張ったんだ」と誇らしく思い出せるように。

頑張れば頑張った分だけ、音楽は近くに来てくれる。
私も…頑張らなくちゃなぁ…!!


posted by ikuko at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。