2010年05月31日

正念場

トリオの合わせ、ソロレッスン、チェロとの合わせ。
予定ぎっしりのこの東京滞在。

もっと前からやってれば…と頭を抱えるのは毎度のこと。
違うのは、効率の良い練習の仕方を、同じピアノの友人とあれこれ試す時間を持てること。才能ある彼女からのアドヴァイスは、練習時間を大幅に短縮してくれます。感謝。
このまま、ラストスパート。
posted by ikuko at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

ヒューズ先生!

IMG_6807.jpgドイツで私をとても可愛がってくださった恩師、マルティン・ヒューズ先生。
ちょうど今、日本にいらっしゃるとの情報を得て、羽村の演奏会場まで会いに行って来ました。

コンサート後でお疲れのところ、サインを求める人たちににこやかに答えられていた先生。
私を見つけたとたん、「おおお!いくこ!」と満面の笑み。相変わらずの早口で、いったい何年ぶりだろう、とか、今何してるのか、とか、ご家族の話とか、盛り上がってしまいました。
久しぶりにお会いできて本当に本当に嬉しかった!!
そして久しぶりに聴いた先生の演奏はやはり知的でセンス良く…今レッスンを受ければ、また違ったことを吸収できるかもなぁと思いながら、幸せな気持ちで聴きました。大好きな人の演奏を聴くって、本当に嬉しいものです。
またレッスン受けにウィーンまで行きますね、先生!
posted by ikuko at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

ご来場ありがとうございました。

桜が池クアガーデンでの演奏、終了いたしました。
雨天にも関わらず、遠くからもたくさんの方々にお越しいただきました。
70席の準備だったのですが、それを大幅に上回ったとのこと。本当にありがとうございました!
10周年の記念式典ということで、今回はくじ引きのお手伝いをしたりもしました。当選した方、おめでとうございます!外れちゃった方、ゴメンナサイね…。

桜が池さんは、ピアノの周りにズラッと椅子が至近距離で囲むように並べてあるので、自分の緊張がお客様にダイレクトに伝わってしまいます。毎回余裕しゃくしゃくで弾けるといいなと思うのですが、体調があまりよくなかったり、思ったようにピアノがコントロールできなかったり、自分で納得できるだけの充分な準備が出来てないなど、集中できない要素が一つでもあるときは、やはり不安が滲み出ます。演奏の機会が増えれば増えるほど、それは克服していかなくてはならない課題なのですが、それでも誠実にピアノに向き合い、ともすれば浮き足立ちそうになる自分をグイと「音楽に引き戻す」、この作業は本番の経験を積まなければなかなか出来ないこと。
目の前一メートルにお客さんがいらっしゃるこの桜が池では、その修行をさせていただいているように思います。いつも温かい拍手をくださる皆さんに、本当に感謝です。
演奏がすっごく上手くいく時は、その分トークがグダグダだったりするのですが、今回は演奏よりもトークが堂々としていたようです…私も随分図々しくなってきたものです。
それにしても、なぜなのでしょうね。演奏とトークは、脳の別の部分を使うからかなぁ。

桜が池クアガーデン様、改めて10周年おめでとうございます。他に類のない、地元への愛情と、格調高い美しさが同居している気品ある素晴らしいホテル。20年、30年と、今後も素敵な時間を刻んでいただきたいです。今度はプライベートでお伺いしたいな。
IMGP1675.JPG
Tさん、いつも素敵な花束をありがとうございます。


さて、来週は東京でチェロの伴奏。(ドヴォルザークのチェロコンツェルト、やっぱり超名曲ですね!)
その後は、室内楽のガチンコ勝負(笑)が待っています。
練習しなくてはいけない楽譜の束がようやくほんのちょっとスリムになりましたが、また気を引き締めて精進いたします。
posted by ikuko at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

桜が池クアガーデンミニコンサートのお知らせ

◆桜が池クアガーデン10周年記念式典 ミニコンサート
2010年5月23日(日) 3時〜 入場無料
ショパン:華麗なる大円舞曲、ノクターンop.9-2、幻想即興曲
ベートーベン:ピアノソナタ第1番op.2-1 
ドビュッシー:花火


かれこれ5年のお付き合いになる桜が池クアガーデンさん。いつもありがとうございます。
10周年記念式典とのことで、今回は、ロマン派と古典、近現代織り交ぜたプログラムにしてみました。
クラシック音楽において古典派というのは、形式の美を追求し伝統を重んじる傾向があります。
それに対してロマン派は個を大事にし、空想の世界に自由に羽ばたくもの。

一つの物事を10年続けていくには、きっと古典・ロマンどちらの姿勢も不可欠だと思います。ということで、久しぶりにベートーベンのソナタを入れてみました。初期のソナタ、改めて名曲です。


ベートーベンといえば、今日、N響アワーで放送していたブフビンダーのピアノ協奏曲第5番「皇帝」。
素晴らしい…なんて明るく輝かしい音!!
最初のEs-Durの分散和音、これぞ皇帝という感じでした。
また真摯にそして楽しそうに弾いていらして、人間味溢れる自然な音楽。凄かった〜。ライブで聴きたかったなぁ。
指揮のブロムシュテットも、82歳ですって。マーラー9番を振ったときもすごかったし(これはナマで聴いた)、信じられない。音楽をしていると、歳をとらないのかも?
posted by ikuko at 00:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

室内楽コンサートチケット販売

◆2010.6.11(金) 室内楽コンサートvol.5
開演19:00 開場18:30 富山市民プラザ アンサンブルホール 
全席自由 一般3000円 高校生以下2000円
ゲスト:新日フィルコンマス・西江辰郎&東京芸大非常勤・上森祥平
プログラム:ハイドン・ピアノトリオC-Dur、トゥリーナ・ピアノトリオ1番、メンデルスゾーン・ピアノトリオ1番

チケット:ピティナサイトアーツナビ、オーバードホール内アスネットカウンター、北日本新聞社本社一階プレイガイドで販売中です。

また、クラシック音楽情報誌「ぶらあぼ」にも載っています

私のHPのメールフォームよりお申し込みいただければ、当日受付にチケットをお取り置きすることも出来ます。
お名前、必要枚数を明記の上、こちらよりお申し込みください。
shitunai5_middle.jpg
posted by ikuko at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

母の日

先日、富山の生徒さんのお母さまが、こう質問されました。
「先生、うちの子はどうしたら、音楽的なセンスというか、素敵な感性を身に付けることが出来るのでしょうか」

少々困りつつも、レッスンで私が言うことからいろいろ盗んでほしいとか、良い音楽をたくさん聴くこと、とか、答えたのですが。

生徒さんたちが帰られてから、自分の母親に、どう思う?ときいてみたら、ただ一言。
「よく遊ばせることだわ」

あっぱれ、と思いました。
たくさん遊ばせてくれてありがとう。
この一年、もう少し好きに遊ばせてね。
東京から想う、そんな母の日です。
posted by ikuko at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

室内楽コンサートのお知らせ

shitunai5_middle.jpg

毎年恒例の、中沖がプロデュースする室内楽コンサートのお知らせです。
5回目の今回は、前回ご好評いただいたトリオを再び。
新日フィルコンマス西江辰郎さんと、東京芸大非常勤の上森祥平くんという、豪華ゲストをお迎えします。

曲は、ハイドンのトリオと、トゥリーナというスペインの作曲家のトリオ、そして有名なメンデルスゾーンのトリオ1番です。
気合入ってますので是非是非、お越しください!!

◆2010.6.11(金) 室内楽コンサートvol.5
開演19:00 開場18:30 富山市民プラザ アンサンブルホール 
全席自由 一般3000円 高校生以下2000円


※チケットの取り扱いは、GW明けからスタートです。
posted by ikuko at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

音楽の魔力

IMG_6807.jpg金曜の青島先生とのステージ。写真を撮らなかったと書いたら、o先生がわざわざ携帯写真を送ってくださいました。その中の一枚、ホール全景。照明がとても美しいです。
キャパ1180人、ほぼ満員のお客様の前で一人演奏するのは、やはり特別な瞬間です。

さて、演奏会を終え、そのまま夜行バスで向かった東京。お目当ては、我が
師匠がプロデュースされる演奏会。

ものすごかったです…。
音楽って本当にすごい。
興奮して眠れなくなったり、泣けてくるほど気持ちが昂ったりする。麻薬みたい。なんでこんなに好きなんだろうなぁ…。

この世界で、音楽に関わっていけて本当に幸せだなぁと思います。また頑張ります!
posted by ikuko at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

ラフォルジュルネin魚津終了

青島先生とのコンサート、無事?終了いたしました。
お越しいただいたたくさんの皆様、ありがとうございました。
満員御礼、さすが青島先生です。写真を撮らなかったのが悔やまれます。

前日に、もともと予定していたソロ三曲にプラス、急遽青島先生と二曲連弾することになり、我が家のFAXの不都合で楽譜を受け取ったのがなんと当日の朝…。
リハーサルも直前のみで、おかげさまで、バタバタ大笑いな連弾でしたが、青島先生はとても優しくて助かりました。二人であまりにも可笑しくて笑いながら弾いてしまった…こんな本番初めて。皆さんすみません…。

他の出演者の方々は、素晴らしい演奏。
そんな中で私もソロについてはなんとか自分の役目は果たせたかと思います。なにより曲がいい。やっぱりショパンは素晴らしいです。
そして青島先生のトーク、スゴイです…さすが。あやかりたいものです。

さて次は5/23
桜が池クアガーデンです。
3時から45分ほどのトークコンサート。
皆様ぜひお越しください。
posted by ikuko at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。