2009年09月29日

「びーた」もどき

音楽家用語(?)で、演奏旅行の事を「びーた」と言います。「旅」がひっくり返って、「びーた」。
オーケストラの方たちが特によく使ってます。地方公演とか。

富山(合唱団・中学校でのコンサート)→名古屋(合唱団・コンクール出場)→京都(打楽器伴奏)という私のスケジュールは「びーた」と呼ぶには恥ずかしいほど移動も演奏回数も少ないもの。
それでも、日頃富山にノホホンと安住している身としては、譜面を持って、毎日本番をこなしながら、スーツケースをひきずってホテルを転々とする生活は、ホンの数泊といえども意外とハードでした。
「びーた」を日常のようにこなしていらっしゃる音楽家たちの体力・精神力の凄さを改めて思い知りました。これが「日常」になるって恐ろしい。全国を走るジェットコースターみたいな生活をしている彼らにとっては、音楽・演奏そのものこそが「癒し」にもなり得るのかもなと思うと、そこに演奏に対する感覚の自分との大きな差をまざまざと感じてしまうのです。


さて。合唱コンクールの方は中部大会だったのですが、やはり県大会とはレベルが全然違っており。わかってはいたものの、我がクール・ファミーユは惨憺たる結果でした。
「一生懸命やってきた」けれど、団員一人一人がゴールが見えてない状態で歌っていても、なかなか上達はしない。そういう意味で、レベルの高い合唱を全員がナマで聴いたという経験は一つの財産。これを受けて「私たちのゴール」を見つけなくてはいけない。
私は、もっと柔軟にどんどん一流の良いものを取り入れて伸びやかに育っていく団にしたいのだけど、時間・資金面の問題や各自の考え方の違いなどがあって歩みはゆっくりにならざるを得ない。今回団員の皆がどんなことを感じたのか、ある意味楽しみです。

打楽器伴奏の方は、無事?役目は終えたかなと思います。現代曲、譜読みが大変だったけどいろいろな経験ができて、ここ一ヶ月ほど面白かった。
打楽器奏者さん、お疲れ様でした!!またよろしくお願いします!
せっかくなので、地元でも演奏する機会を作って、是非この曲を紹介していきたいです。
打楽器とピアノの曲は、オケ伴奏ではなくてオリジナルで聴きやすい良い曲も結構あるみたいだし、企画としては面白いかも。実現するといいな。


さて、帰ってきて少し時間が出来たのでいろいろと事務仕事を。
来年の手帳がもう文房具屋さんには並んでますね。手帳好きな私としては目移りしてしまう…。
ついでにこんな本を買ってしまいました。活用できるかどうか…。
英語で手帳をつけてみる
posted by ikuko at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

今週は山場。

連休最終日。
午前中二台ピアノの合わせ。
ピアノ同士で合わせをすると、勉強になることが山ほどある。面白い、楽しい。モーツァルトが上手い演奏家、大好きだ。やっぱり上手な人と室内楽をするのは幸せ。
ラ・ヴァルスも思ったよりもスッキリと音が聴こえてきて良い感触。本番まであと三週間ほど、頑張ろう。

そしてその後、午後1時からなんと9時まで合唱団のコンクール前の最終練習。
8時間の長丁場、間に皆で一緒にご飯を食べに行ったりして合宿みたいな練習。
社会人が集っているのに、これだけ長時間の練習が出来るのは奇跡的。連休だというのもあるけれど、皆の熱意があってこそだなぁ。ありがたいことです。
ほぼ立ちっぱなし歌いっぱなし(私はピアノでちょっと座れたけど)、充実した練習で楽しかった!でもさすがに疲れました…。


連休明け。
午前バイト、午後レッスン。
夜にはいつもお世話になっているあすなろ小児歯科医院の院長先生のご自宅へ招待され、「あすなろの森コンサート」の実行委員の皆さんと一緒に優雅な時間を過ごしてきました。
新築のご自宅は、とにかくどこをとっても贅沢!!
私がいつも友人相手に酔っ払うと語りだす「こんな家に住みたい」という夢物語(笑)を実現したかのような、素敵な中庭付きの大豪邸。
なんといっても、グランドピアノと音響設備が整ったサロンが素晴らしい!
レコード(CDではなく)を、最高級のスピーカーで聴く贅沢。オーディオ好きの方の気持ちがわかった気がしました。全然音が違う!
そして響きの良いピアノで遊びでコンツェルトを弾いてみたりと、非現実的で濃い時間。なんとも贅沢な現実逃避でした(笑)。
あー、あんな家に住んでみたいものです。

自宅へ戻ってくると、テーリヘンの楽譜が待ち構えておりました(笑)。
夢から醒めた気分。
今週末から来週にかけて名古屋&京都です。頑張るぞ。
posted by ikuko at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

連休なのに。連休だから。

ここ数日、金沢にて強化合宿に近い事をしておりました。
朝から晩まで、練習室にこもって練習&合わせ。
なんか学生みたいだねと笑いながら、楽譜を片手に悩むオトナが二人。
テーリヘン…難しいけど楽しくなってきました!
鍵盤が異様に重いピアノで弾き続けたおかげか、背中と腰が痛い。誰かマッサージして〜(笑)。

明日は朝から、ラ・ヴァルスと、モーツァルト二台ピアノソナタの初合わせです。ミヨーもやるんだった。いや、ミヨーまで辿り着かないかな…。
まだこれからさらいます!
posted by ikuko at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

一つ歳を重ねました

夜中、電子ピアノでバッハを弾きながら日付を超えました。
明け方の嬉しいおめでとうメール。寝ぼけながら返事を書き、そのまままたウトウト。

IMGP1173.JPG
遠方より届いたお花。ありがとう。

一年は、重い。
私の人生にとって、この一年はすごくすごく大事な、転機ともいえる年だったと思います。
自分の人生の責任は自分にある。言い訳しないで、やればいいだけ。
まっすぐ前を向いていこう。

久しぶりの友人たちからのたくさんのメール、そして今日も練習のファミーユの仲間たち(わざわざお祝いしてくれました)、本当にありがとう。覚えていてくれる人がこんなにいてくださるのは、まさに幸せの一言です。
良い歳のとり方をしていけるといいな。
posted by ikuko at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

チェロ演奏in高岡大野屋

チェリスト金子鈴太郎氏の、二日間にわたる高岡での演奏が無事終了いたしました!

久しぶりに会った鈴ちゃんは相変わらず良い味を醸し出してくれていました。マネージャーの如く富山滞在中ほとんど一緒に行動させてもらいましたが、話の端々から彼の演奏活躍の幅広さが感じられて、やっぱりスゴイなぁと。
本番は、演奏もトークも金子節炸裂、高岡にも鈴ちゃんファンがまた増えたことでしょう。楽しい演奏でした、ありがとう!!
大野屋さんも、毎回の素晴らしい企画、そして美味しい御料理ありがとうございました!
このような企画がずっとずっと続いて、音楽の輪がどんどん広がりますように。
IMGP1160.JPG
日本庭園での演奏。蚊取り線香の匂いと煙が夏の名残を。

IMGP1169.JPG
弾くのが楽しくて仕方がないようなノリノリの演奏でした!


さて明日からはまた通常営業、ラジオ収録&レッスンが続く…と思いきや、もう連休ですね。
身体を壊さないように頑張ろう。
posted by ikuko at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

充実の一日。

日曜の合唱団の練習の後ダッシュで東京に向かい、夜遅く年下のピアニスト友人宅にたどりつきました。最近は東京ではもっぱらホテル泊もしくは日帰りだったので、誰かの家に泊まるのは久しぶり。
またこれがいい部屋でして。私も「自分のキッチン」があった愛知&ベルリン時代を懐かしく思い出してしまいました…自炊する生活、しばらく遠ざかっていると妙に色鮮やか。
いろんな話をして、刺激をたくさんもらいました。ありがとう、M!

そして月曜朝、田崎先生のレッスンを受けて。
これまた人生の転機となるような、ある意味象徴的なレッスン。
なんで彼女は、私の全てを解き放ってくれるようなポイントを知っているんだろう?と思う。テクニック的にも心理面でも。
欲しかった音が出た!という喜びは病み付きになる。ああ、なんだわかったぞ解決!みたいな。楽しい。また頑張ろう。

そしてまたダッシュで富山に戻り。
夜には、東京の合唱指揮者T先生が、うちの合唱団を指導してくださいました。
オーラのある大きな音楽作り…心を開く歌というか、もっと積極的に歌うためのヒントを少しずつ与えてくださった気がします。
中部大会まであと少し、仰った事のどれを取り入れてどう消化していくかはこの後の私たち次第だけど、他の曲にも通じる本質的な事に反応できる団でありたい。次回練習で自分を含めどう変わるか楽しみです。
それにしてもT先生、あっけらかんと面白くて(笑)ステキな方!また来ていただけるといいなぁ。


そんなこんなで中身の詰まった嬉しい一日。
我が意を得たりというか…音楽を通して心が共鳴した時というのは、疲れも吹き飛ぶ。
やっぱり、好きこそなんとかってヤツですね。


とはいえ、今日はさすがに子どもたちへのレッスンでちょっとバテ気味…明日はまた金沢で合わせ、夜は金子氏の演奏会と続きます。
ハイドンでも聴いてテンション上げよう。
posted by ikuko at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

お知らせ

来週の水曜、木曜。
富山・高岡市の御料理大野屋さんに、チェロの金子鈴太郎氏が演奏に来てくれます!
金子氏は、去年&一昨年、私が企画する室内楽コンサートに出演してくれており、艶のある美しいチェロの音色はもちろん、トークも抜群に面白い素晴らしい演奏家です。
今回の大野屋さんでのコンサートは、私が大野屋さんと金子氏の間に立ち実現したもの。残念な事に大野屋さんにはピアノがないのでデュオは出来ないのですが、秋の夕べに、伝統ある日本庭園でチェロ独奏…それだけでうっとりしてしまいます。
関係者として私も二日間とも聴きに行きますが、すごくすごく楽しみ!!
(富山滞在中に、いろんな曲でピアノと一緒に遊んでくれるといいなぁ。)

<御料理大野屋 中庭でチェロを聴く会>
9/16、9/17の2日間、18:30受付開始 19:00開演
バッハ:無伴奏チェロ組曲 他
全て無伴奏のチェロ一本の世界。プログラムはその日の雰囲気で決める…と金子氏。相変わらずステキです。
演奏後、豪勢な食事がついて会費は12000円。
お問合せ 0766-21-0306 御料理大野屋


さて、私は、明日朝から金沢で合わせ、その後富山に戻り合唱団の練習、終わり次第東京へ移動、明後日レッスンを受けて帰ってきて、そのまままた合唱団の特別練習です。
結構忙しい。
でもピアノの練習の方はもっと忙しいことになってます…。
落ち着いて一つずつ!!!
posted by ikuko at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

9月はひたすら譜読み。

レッスンの合間に必死に譜読み。
次々やってくる生徒さんたちは、私の血走った目に驚いているかも…(汗)。
ああ。時間と体力と、何より集中力が欲しい。

夜。譜読みと、ラジオ原稿を書く作業の合間に、甥っ子たちと息抜き。
今年最後の、線香花火かな。
IMGP1150.JPG



「バレエ」をテーマにしたラジオ原稿を書いている時に見つけた、素晴らしいページをご紹介。
マヤ・プリセツカヤが踊る『瀕死の白鳥』。サン=サーンスの白鳥です。
1975年の動画なんて、もう、息が止まるくらいの美しさ。泣きます。
ぜひご覧ください!!


頑張ってれば、いいことある。
奇跡みたいな嬉しい偶然が身の回りで起こったりしてます。
嬉しすぎて携帯の通話ボタンを押す手が震えたくらい。
神様からの粋なプレゼントだと思って、また精進いたします。
posted by ikuko at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

桜ヶ池ミニコンサート終了!

桜ヶ池クアガーデンでのミニコンサート、終了しました!
お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。
すごく集中して聴いていただき、弾いていてとても楽しかったです!

桜ヶ池でのトークコンサートも、帰国してからこれでもう10回以上させていただいていることになるのでしょうか。
トークも全く緊張しなくなってきました。良いことなのかどうなのか…。
毎回、ホテルの支配人さんが私に個人的に感想を言ってくださいます。クラシックに関しては何もわからないと仰りつつも、回を重ねていると私のその時々の状態がよくおわかりになるようで。ホンの一言二言の感想なのだけど、結構本質を突いた、嬉しい(時には厳しい)言葉をいただけるのです。さすが支配人さん!
こうやって、ゆったりと長くお付き合いをさせていただいているが故のオモシロさ、大事にしたいです。

音楽は裏切らないというか…ピアノに向き合っている時間、全ての責任は自分にあり、ピアノはただただそれに応えてくれる。
余計なもののない、音と自分との純粋な時間をお客さんに共有していただく…まだまだ本番になると緊張したりカッコつけたり雑念が多いんだけど、少しずつでも変わっていきたいな。
自分をまっすぐに受け止めてくれるピアノというものがあって良かったとつくづく思うこの頃。


さて…明日はテーリヘン…打楽器奏者との初合わせ。
まだまだカオスなんですけど私…さ、さらわなくちゃ…。
posted by ikuko at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

苦戦中

テーリヘン作曲のティンパニー協奏曲。
今、そのオーケストラパートのピアノ版を必死に譜読み中。
多分、ご縁がないと一生聴く事がなかったと思うんだけど(打楽器奏者の方すみません)、1954年に書かれたいわゆる現代曲。ティンパニ5台を使ってやる、すごい曲です。
スコアを見たときは、目の前がクラクラ…脈絡なく(最初はそう見える)続く音の羅列。家族に苦情を言われながらも、ポツポツと音を拾い…オーケストラのピアノ版、特に打楽器の伴奏なんてものは書かれている音を全て弾いたらエライコトなので、音源を聴きながらとにかく抜けちゃいけない音をチェック。なんとか音楽に聞こえるようにする作業。
現代曲っていうのは、形が見えてくると面白いなと思うんだけど、やっぱり死ぬほど大変です(笑)。

テーリヘンという人は、元ベルリンフィルのティンパニー奏者。「フルトヴェングラーからカラヤン時代のBPOの主のような人物」だったらしい。トロンボーンとマリンバのための協奏曲、なんかも書かれています。
オケ楽器の使い方がわかってくると、ああ、良い曲だなぁと納得。
調べてみると、二年ほど前に読響が演奏したんですね。
意外とメロディも、しっかり構成を理解して「上手く弾けば」、美しいのです。うー、まだ先は長いけど頑張る。

私の友人で、ベルリンフィルのライナー・ゼーガースのお弟子さんで、今は日本の大学で教えている打楽器奏者がいるのだけど、彼もこの曲を編曲するだかなんだか版権がどうだかで直談判しにドイツまで行ったみたいな事を言っていたような。
結構有名な曲なのね…というかもうちょっと知られてもいいのかも。

とにかく…さらわなくちゃ…。曲がわかってきても指がパッと音に行かないのが問題だ…。



さて、9月6日、桜が池クアガーデンにて午後からミニコンサートです。
ショパンとシューマンを弾きますー。
…こっちの曲を練習してると耳がホッとする(笑)。
posted by ikuko at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

あすなろの森コンサートオーディション参加〆切!

10月12日に、仲道郁代さんに審査していただく「あすなろの森コンサートシリーズvol.4、若い芽の演奏会」出演者オーディション。
富山県内から、想像以上にたくさんの小・中・高校生のご応募をいただきました。ありがとうございます!
後日、演奏順など詳細をお送りいたします。しばらくお待ちください。

それにしても、顔ぶれや曲目などを見るだけで、ワクワクしてきます。見知った顔もいっぱい!皆、素晴らしい音楽家たちです。頑張っている子供さんたちから、私もたくさんの刺激をいただけそう。
いいなぁ…こうやって、音楽をしたい、弾きたいと積極的に動いてくれるお子さんがこんなにたくさん富山にいらっしゃるんだと思うと嬉しくなります。
コンクールではないので、競争するのではなく、自分らしく伸び伸びと演奏してくれるといいなぁと思います。(…このセリフは私自身に言いきかせたいところですが)

この間からお世話になっている魚津の学びの森といい、富山市が誇る芸術創造センターといい、いい音楽やいい人材を作っていこうと頑張っている動きはたくさんある…それが、点ではなく、線となり面となり、大きな動きとなって富山県から素敵な音楽がたくさん生まれるといいなぁと思います。
posted by ikuko at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。