2009年07月15日

島よ

来週末26日、富山高校のコーラスコンサートがあります。
最後にOB・OGも参加しての合同合唱のステージがあるのですが、そこで混声合唱曲「島よ」(伊藤海彦作詩、大中恩作曲)を歌います。
私も、現役の時に歌った事がある、懐かしい曲。
今回は、ピアノを私が担当させていただきます。

「島よ」は、大中恩さんの代表曲の一つ。もう40年近く前に出来た曲。1970年に大中さんはこの曲で芸術祭優秀賞を受賞されています。
日本の混声合唱の中では、いわゆる古典的名曲といわれる曲で、合唱に関わってきた方々であれば、必ず通った曲ではないかなと思います。
流行りすたりのある合唱界で、古典名作(「水のいのち」とか「旅」とか…)をローテーションして歌い続ける高校も結構貴重なのではないかな。

さて、高校生の時に歌って以来、十数年ぶりに改めてじっくりと譜面を見ているわけだけど、いやー、こりゃさすが良い曲ですね。
詩もいい。
やっぱり、音楽と詩の結びつき・相乗効果が私は大好きみたいです。
弾くのは結構大変だけど、やりがいがあるなぁ。
曲がいいと、張り切ってしまう。
来週一週間、久しぶりの母校にて、OB・OG交えての平日夜練習が毎日続きます。
楽しみだ!!

さらに来週には、マーラー3番交響曲にちょっと関わります。
5楽章、女声合唱が出てくる部分をピアノで。
合唱メンバーのオーディションでちょっと弾くだけなんだけど、なんとなくしか知らなかったこの曲、内容をよく知らないまま弾くわけにいかん、とお勉強。
スケールの大きな美しい曲…聴けば聴くほど、調べれば調べるほど、好きになる。スコアを見てじっくり研究したいなー。
マーラーにハマりそう…。


本番をひかえたピアノ小品の数々、8月講習のシューマン四重奏、レッスンでみてもらうつもりのドビュッシー、さらっておきたいデュオの曲たち…。
楽しい宝石箱のような楽譜たち。ひとつひとつ時間をかけて、美しく磨きあげていきたいものです。
IMGP1107.JPG


posted by ikuko at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。