2009年07月02日

椿姫に室内楽に、魅惑のベリーダンス

火曜。
コンサート形式の「椿姫」を観てきました。
チョン・ミョンフン指揮。

さすがチョン・ミョンフン、歌心ある色彩豊かな表現。東フィルの演奏も良かったし、合唱も引き込まれました。
そして、ソプラノのマリア・ルイジア・ボルシの第三幕には圧倒された。素晴らしかった!!!
コンサートスタイルということで本物の「演技」はナシ。歌と表情だけで表現するのは歌手にとっては余計に大変な気がしないでもないんだけど、そんな中でホンの身動き一つで世界を変えてしまう、彼女の集中力・表現力に、釘付けになってしまいました。
いやー。良かった。

平日の長丁場ということで(ほぼノーカットでした)、客席に空きが目立ったのがもったいない。
せっかく世界の実力者が富山に来ているというのに…。
平日夜にコンサートを聴きに行くという感覚は、富山ではまだあまりないけれど、少しずつでも変えていければいいなぁ。
県内のホール全部提携して共通のポイントカードみたいのを作って、ジャンル問わず何らかの公演を観た回数で特典割引するとか(笑)。ホール活性になりそうだけどなぁ。
そして、前後の時間は、近くのレストランは必ず時間外でも開けるようにするとか。もっと言えば「演奏会+近郊で食事」で駐車料金がかなり安くなるとか。街ぐるみで、仕事以外の遊びの時間が充実するように変わっていくと面白いんだけど。


「椿姫」を見た後は、超特急で富大まで移動。
帰省中のビオリスト&アマチュアオケのメンバーとで、室内楽のお遊び。夜10時からの初見大会。
メンデルスゾーンの、弦楽とピアノのための六重奏。
いきなり楽譜を渡されて、さて、やってみますか。と、傍らに缶ビールを置きながら、弾き始めるのです。
このメンバーとは、一年ほど前にもこうやって夜中に初見お遊びをしたことがあったんだけど、その時は「ます」とかやったんだっけ…。あれからまだ一年しか経ってないなんて!濃い一年だったなぁ。
メンデルスゾーンの六重奏は、わかりやすくてすごく良い曲でした。…ピアノ意外と大変だったけど(笑)。
「調が違うよ〜ダブルシャープ多すぎるよぉ」とかなんとか叫びながら、大笑いしながら演奏するのは、なんだか本当に楽しくて、こうやってたまにお仲間に入れていただけるのがすごく嬉しかったりするのです。また誘ってほしいなぁ。


水曜・木曜は、レッスンレッスン!
最近、バタバタとお弟子さんが増えてきていて、なんだか嵐のような二日間。

その上、7月から、私なんとベリーダンスを習い始めたのです!
いやー、初めて体験したけど、なかなか面白い。
何より、周りの人たちが皆、綺麗!身体の動きの美しさって、大事だなぁ。
週にたった一時間じゃ、あまり身に付かないかもしれないけれど、全くやらないよりはマシ、頑張ってみまーす。


posted by ikuko at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。