2009年06月28日

教えること

今日は私の生徒さんが、あるピアノコンクールに出場。
見事に予選通過!
良かった〜〜。ホッとしました。

子どものコンクールというのは、良い面もあれば悪い面もある。
舞台でお辞儀をしても拍手もなく(「オーディションなので拍手はしないでください」とのアナウンス。拍手くらいあってもいいのになぁ。)、シーンと静まった中でベルトコンベアのように流れ作業的に同じような課題曲を延々と弾いていく姿を見ていると、なんだか、可哀想というか…音楽の一番美味しいところを忘れてしまっている気もしてしまうなぁ。

でも、一応「先生」という立場から、いろいろな子の演奏を聴いていると勉強になることがたくさんある。
子どもに、その時代のその作曲家の特性をどれだけ理解させるか、というのは本当に難しい話。
例えば、ハチャトリアン。旋律が美しい、子どものための短い、ゆったりとした物悲しい小曲。
本来ならばロシアものの無骨なロマン、彼の大胆さやスケール感を、ガイーヌなどを聴かせてちゃんと伝えるべきだったなと、改めて思う。
メロディが美しい曲は、どうしてもロマン派的に甘くロマンティックに弾かせてしまいがち。そのほうが、教えるのは楽だ。旋律を歌うのが得意な子であれば特にそう。気持ち良さそうに弾くまだ身体も細い小学生に、もっと達観してロシア的に、などと言ってもなぁ…と最初から諦めて、そこまで突っ込んで伝えなかったのは教える側の責任だ、と、いろいろな演奏を聴きながら改めて反省したのでした。
難しい…。
何よりも、そこまで辿り着く前に、山のようにやらなくてはいけない事があるし。
和声や構成やフレージングといった基本的な音楽作り、リズム感、タッチ、ペダリング、自分の音を聴くということなどなどなどなど…。

我が生徒さんは、本当に頑張りやさんで、素直によく喰らいついてきてくれる。
また本選まで頑張ってほしいな。


しかし、面白かった。
コンクールに出場してくる子たちが、どんなことをどんな風にそれぞれの先生に教わっているんだろう、と想像しながら聴くのは、ある意味他の先生方の技を盗むことでもある。
子どものための短いバロックや古典ものは、全く誤魔化しがきかない丸裸状態。いろんなことが見えて面白かった。
「教える」ということの奥深さを痛感した一日。
それぞれの子の資質を伸ばしながらも、コンクールでも通用する音楽を教えるって、至難の業だなぁ…。

IMGP1084.JPG IMGP1085.JPG
まだ二歳の甥っ子とは、音で遊ぶ。楽しさを身体中で表現できるこの歳の子が羨ましいことも。
posted by ikuko at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

ショック二連発

マイケルジャクソンが亡くなっちゃった…。
中学校の時に、男友達に教えてもらって好きになって、何度映像を見たことか…。
当時、ダビングしてもらったカセットテープは、擦り切れるほど聴いたっけ。家中探しても残ってはいなかったけれど。

便利な時代になったもので、ネットでいくらでも彼のミュージックビデオを観ることができる。
十数年の時を経て今見ても、改めてなんて斬新でセクシーでカッコいいんだろうと思う。
BadとかBeat itあたりのキレのあるダンスも好きだったけど、Will You Be There、Remember The Time、Heal the world、Leave Me Aloneとか…なんていうか、泣けてしまう。芸術。
もう、止まらない、今日は追悼。彼の映像を見る夜。
中学生の頃夢中になったあの優しく美しい歌声は、今聴いても胸を打つ。整形とかのゴシップしか知らない人は、ぜひ彼の歌を聴いて欲しい…。

独自のカッコよさを追求していった結果、あんなにたくさんの人を夢中にさせたスター。ライブで感極まって倒れる女性がたくさんいて。大勢の人からの愛を一身に受けたスター。その後の人生…。
彼は、人生において「何をすべき」だと考えていたのだろう。
何のために、こんな人生を与えられたと考えていたのかな。

とっても優しくて、繊細な人だったんだろうな…。



二つ目のショックは、それに比べれば些細な事というか、些細だからこそショックなんだけど…。
ようやく先日の「大公トリオ」の録音を最後まで聴き終えたのです。これまで聴くのが恐ろしくて一楽章まででストップしちゃってて。
…いやー、私、テンポ走りまくり。わかっちゃいたけど。
ごめんなさい、西江さん&祥平くん…。
ガックリきてしまいました。
あー、もったいない。せっかくの素晴らしい二人の演奏が…。
本番で慌てるのは、練習でも慌ててるからだ。情けない。スリルありすぎの演奏だ…。
ああ、もっと上手くなりたい。
もっと客観的に弾けるように…。
posted by ikuko at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

宴の後

我が家は、コンサートでいただいた華やかなお花たちで賑やか。本当にありがとうございます。
玄関を入ると、カサブランカのいい香りがフワッと匂い立ち、とっても
優雅な気分。
IMGP1011.JPG

コンサートが終わったと思ったら、どっさりとパソコンの横に溜まった事務的お仕事の山。

フォトショップでちまちまとチラシを製作してみたり、来年一月のあすなろコンサートの要綱を作ったり、お礼状を書いたり、ラジオ原稿を作ったり、合唱関係の原稿を書いてみたり、あああ、目が回りそうです。

そんな中、また近々非公開ですが演奏の機会があるので、そのプログラムを決める作業が楽しい。
昔弾いた曲を引っ張り出してきては、これ、こんなに良い曲だったかしら…なんて。
やっぱり、シューマンやブラームスあたりのピアノ小品、好きだなぁ。

そして、来年一月のあすなろコンサートは、今年はドビュッシー特集のプログラムになりました。
いろいろと資料を漁っているところ。
ドビュッシーは、今まであまり深く突っ込んでこなかったので新発見だらけで面白い。
青柳いずみこさん(ドビュッシー研究の権威)の著書には感動。
ああ、あと半年…意外と時間がない…。
IMGP0990.JPG

トロンボーンカルテットの演奏を聴きに行ったり。
パソコンでの作曲法を師事していただくべく、打ち込みミュージシャンさんを、仲良くさせていただいている雑貨屋さんチリングスタイルのオーナーさんに紹介してもらって、皆でお宅へ押しかけ、ジャンル違いの音楽話に花を咲かせてみたり。
そんなここ数日です。
posted by ikuko at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

室内楽・感謝!

19日のコンサートの余韻もようやく、落ち着いてきました。
2007年から始まった室内楽シリーズの第四回目。おかげさまで、今年もたくさんの方にお越しいただき、無事終了することが出来ました。
お越しいただいた皆さん、スタッフの皆さん、ゲスト奏者のお二人、本当にありがとうございました!!

ヴァイオリンの西江さん(新日フィルコンマス)は、スイスでの演奏旅行から17日に帰っていらしたばかり。スイス→成田、そのまま羽田に移動して富山へ直接飛ぶという、とてもハードなスケジュール。
上森くん(東京芸大非常勤講師、ベルリン時代の友人)も、東京で17日深夜までのお仕事を終えてから18日の始発で富山入り。

ということで、18日の午後から芸術創造センターで合わせ開始。
5月に初めて東京で顔合わせをして以来です。

西江さんは、本当に丁寧。楽譜の読み方が違う、さすがコンマスさんです…それでいて、押し付けがましいところがなく、一緒に作り上げていこうという優しい姿勢。
なんていうか、元ベルリンフィルコンマスの安永さんのような穏やかさと真面目さがあって、すごく感動でした。

祥平くんも、「いくこちゃん、縮こまらなくて大丈夫!もっといろいろ仕掛けてくれていいから!」とかいうノリで(笑)、考え込んで逆に弾けなくなりがちな私をほぐしてくれたりして…。
また、祥平くんのチェロは、優しく添ってくれる懐の広いチェロで、やっぱり上手いなぁぁ、とこれまた感激でした。

今回は私も「大公トリオ」に関しては、かなり苦労しながらもよく弾きこんでいたつもりだったのだけど、やっぱりお二人の音を聴くと精度が違うというかなんというか。
もう、やっぱり、二人、完璧。さすが日本を代表する若手奏者です!!
まだまだ自分の未熟さ、アラを痛感しつつも、二人の器の大きさに寄りかからせていただいて…。
良い音楽を作ることにやはりすごく誠実な二人。私も、余計な事を考えず前向きな姿勢で本番に向かうことが出来たように思います。
本番への音楽というのは、こうやって作っていくものなんだというのを、教えていただいたような。
緻密にやれば、やっただけのものが出来る…当たり前だけど。


本番。
前半は、なんだかまだ緊張していて、集中しきれないうちにあっという間に終わってしまった感があったけど、後半の「大公」は、頑張りました!
お客さんからも大公はすごく好評で。息を呑んで集中して聴いてくださっているのが、舞台の上にも伝わってきました。
いやー、弦のお二人のおかげ。本当に。

とても長いこの「大公トリオ」、下手したら聴いている方は飽きてしまわれるのではないかしらと、ちょっと心配していたんだけど、富山のお客さんたちは、やはり素晴らしい!!反応が素敵!!
ベートーベンの良さを、しっかりと受け止めてくれました。
クラシックファンの方が、満面の笑みを浮かべて「名演でした!」と興奮気味に挨拶してくださったのも嬉しかったけれど、クラシックをあまり聴かない方が「ベートーベンのって良い曲だね〜」と言ってくれたのも、とても嬉しかった。

録音したものを聴くと、結構私は細かくミスしているんだけど(…涙)、それでも三人でベートーベンに向き合って耳をすませて集中して、助け合いながら(いや、助けられながら、だな)作っていった様子は、ちゃんと伝わったんだろうなと思うと、とても嬉しいです。
IMGP0977.JPG
お二人と身体の大きさが違いすぎて、舞台で手を繋いで掲げてお辞儀をした時には、
宇宙人が連れ去られていくかのように見えたそうです…笑

あー、面白かったなぁ。楽しかった。
そして、二人とも本当に自然体でいい人でした!
歳が近かったり、共通の音楽家の知り合いが多かったりするおかげで、自分のペースを守りつつもすんなりと仲良くいろいろな話が出来て、すごく濃い数日でした。
西江さんを紹介してくれた祥平くんに、感謝!

弦の二人は、いくら誰から褒められても、「いやいや」と、いたって普通で…まだまだ追求すべきところの方が、彼らは気になるのだろうな。
出来不出来は人からの評価で決まるのではない、自分自身が一番よくわかっているはず。そんな、音楽に対する姿勢もすごく勉強になりました。
私も、一層精進したいです。


今回は(いや、今回も)、知らずに桐朋オケの演奏会と日程がかぶってしまってかなりショックだったんだけど、それでもたくさんのお客さんに来ていただき、本当に感謝です。
また来年も頑張るぞー!
posted by ikuko at 17:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

室内楽コンサート終了

室内楽コンサート、終了しました!
お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
たくさんの花束、お菓子、ワインなどもいただき、恐縮です。
来ていただけるだけで嬉しいのに、本当にすみません…。

西江さんと、上森さんのおかげで、本当に楽しかったです。
大公トリオは、弾いている間、良い集中力を保てたように思います。
お二人が素晴らしくて…そして、やっぱりベートーベン様は素晴らしくて、音楽の偉大さを改めて感じました。

またゆっくり書きます!これからお二人をお見送り…。
いってきます!
posted by ikuko at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

合唱好き

合唱の祭典で、歌って、弾いてきました。

改めて思えば、大好きな合唱…舞台の上で、一曲はア・カペラの曲を思い切り歌わせてもらい、一曲は思い切りピアノを弾かせてもらえる。なんて贅沢。
「ピアニスト」という肩書きだけではなく「代表」であり、また「団員」でもあるからこそ、出来る事。
いろいろワガママさせてもらってるなぁ…ありがたい。

祭典には、県内の合唱団がたくさん参加しているのだけど、会場にいくと、そこかしこで見知った顔に合う。
お世話になっている先生、以前ピアニストとして所属していた団体のメンバー、高校の後輩たち…。
時間に追われていたので、満足な挨拶も出来ず、ちょっと名残惜しかった。
ちょっと前までは、いろんな団体の伴奏をさせていただいていて、この合唱の祭典にも出していただいてて…自分の富山のお仕事はこの合唱界から始まってるんだよなぁと、改めて感じた一日。
大事な、私のルーツです。
posted by ikuko at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

明日は合唱本番。

我が合唱団「クール・ファミーユ」、今年度から富山県の合唱連盟に加盟しました。
で、明日は、その初舞台。
県の「合唱の祭典」に出演します。
ホンの10分程度、13時40分から出演予定です。場所は、富山市婦中ふれあい館。富山の方はお時間あればぜひ聴きにきてくださいませ。
信長貴富さんの組曲「初心のうた」から二曲歌います。

ここまでくるのにも、山あり谷ありでした。
連盟に参加してコンクールに挑戦するか否か…討論を重ね、調整もし、鼓舞もし、なんだか大変だった気もするけれど、今は後輩たちがものすごく頑張ってくれています。
私はなるべく口を出さず、満足な顔をしてニコニコと眺めている状態。幸せな事です。

やっぱり、本番があると練習の中身がグンと良くなる…ここ数回の練習、本当に充実していた!
明日は、主力メンバーが数人都合で出演できないのでベストの歌声ではないかもしれないけれど、きっとそれを補って余りあるほどの「本番パワー」が発揮できると思います。
うちの団のメンバーなら、大丈夫。楽しみです。
IMGP0936.JPG
弟の奥さんが母の日に、私の母へ贈ってくれたお花たち。暑さでややぐったり。お水をあげたところです…。
posted by ikuko at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

雨。自転車。

富山も、梅雨入り。
湿度の高い空気、静かな雨の日も…嫌いではない。

ここ数週間、体力づくりのために、仕事先まで自転車通勤をしていたのだけど、それもしばらくはお休みかしら。
自転車は中学・高校と6年間乗っていたので、久しぶりにペダルを踏むと、若返ったような軽やかな気持ちになる。
中学3年の頃に買った、当時最先端の紺色の自転車は、今もまだ元気に走る。
…もう15年も前に買ったことになるのか!私の生きてきた時間の半分!

私が富山にいない間は、母が毎日のように使っていたはず…我が家のご長寿ランキングベスト10に多分入る、働き者の自転車クン。
これに乗って、転んだり車とぶつかったり盗まれそうになったり初めての恋人と二人乗りをしたり…まあいろいろと我が家の歴史を見てきている大事な乗り物です。

元気な自転車クンとはウラハラに、私の方は、昔と違って紫外線対策のためツバの広い黒い帽子をかぶり、黒の長手袋まで着用。見た目は全く軽やかではない。15年で人は随分変わるものです。

仕事先までは、ホンの15分ちょっとの道のり。
体力づくりにもならないかもしれないけれど、暑い時間帯なのでそれなりに汗をかく。
とても気持ちのいい気分転換だったので、雨になって乗れなくなるのは、やっぱりちょっと…寂しいなぁ。

P.S.石川県で、おたまじゃくしが降ってきたという事件あり。「海辺のカフカ」について書いたところだったので、びっくり。まさか、入り口の石が開くのか…。(未読の方、わけがわからずごめんなさい)
posted by ikuko at 23:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

カフカの大公

6月19日の室内楽コンサートも、間近に迫ってきています。
西江辰郎さん(新日フィルの若きコンマス)、上森祥平君(東京芸大非常勤講師)という豪華ゲストをお迎えしての室内楽。
富山近郊の方もそうでない方も、ぜひぜひお越しください!

◆中沖いくこ室内楽シリーズvol.4
080619mini.JPG
西江辰郎(ヴァイオリン)&上森祥平(チェロ)&中沖いくこ(ピアノ)
2009年6月19日(金) 開場18:30 開演19:00 富山市民プラザアンサンブルホール
全席自由:2500円(当日3000円) 高校生以下2000円
<主催>音楽企画ムジーククライス19
<プログラム> ラフマニノフ:ピアノトリオ1番、ベートーベン:ピアノトリオ第7番「大公」など
<チケットのお求め・お問合せ>アスネットカウンター、Arts-Navi、北日本新聞社本社一階プレイガイドにて販売中
===============================

今回のプログラムのメインであるベートーベンの「大公トリオ」。
この曲、村上春樹さんの「海辺のカフカ」という小説の中に、とても重要な役割をもって登場しています。

小説の中では、あるトラック運転手の青年が、少々風変わりな老人と一緒に旅をするはめになり、その老人を手助けしているうちに逆に青年の方もいろいろな影響を受けていくのだけど…青年の心をグッと捉えたのが、喫茶店で偶然かかっていた「大公トリオ」。
この曲の良さに気が付く自分を発見すると同時に、青年は、その老人と一緒に過ごすことの意味みたいなものに気が付いていく…まあ、とにかく未読の方はぜひ読んでみてください。
(他の登場人物との絡みもあってちょっと長いし、なかなかシュールな話なので村上春樹が初めての人はキツイかも?)

村上春樹という人はスゴイ人で、クラシックにまつわる知識は、そこらの音大生よりも上だと思う。好きなんだろうなぁ。
音楽史の本を読みつくして、たくさんの音楽を聴いて、自分なりに身体で納得していないと、あんな記述は出てこない。
あのクラシックに関する彼の表現を読むだけでも、私にとっては村上春樹の本は価値があるのです。


この小説に書かれている「大公トリオ」に関わりのある部分で一番好きな表現が、これ。
“なんというか、自分が正しい場所にいるっていう実感があるんだな。自分がいったい何かという問題が、ナカタさんの横にいると、もうどうでもいいようなことに思えて来るんだね。”(新潮文庫「海辺のカフカ(下)」211ページ)

大公トリオを練習していて…もうやっぱりどうしようもなく難しい曲ではあるのだけど、これを弾いてる間は気持ちが落ち着くというか、まっすぐに、あるべきところにいるような気になるのです。
何度弾いても飽きないというか。自分の中心がブレなくなるというか。
知らず知らずのうちに没頭してしまう。
いろいろと悩みの多いお年頃の私ですが、この音楽さえしていれば、ここから離れなければ、大丈夫…な気がする。
テクニック面で難しいところが結構あって、未だにムキーッとなったりもするのだけど、この曲が思い通りに弾けるようになったら、何か変わるかも、と思わせてくれる曲の偉大な力。さすがベートーベン。

ベートーベンがここまで偉大な作曲家として名を残せたのは、ベートーベンの友人で生徒で、パトロンでもあったルドルフ大公のおかげでもあるんだけど、そのルドルフ大公に捧げたこの曲。
「それぞれが、それぞれの役割を持っている」ということを、身をもって感じさせてくれる曲でもあり。

さて…あと少し…私なりの「大公」を仕上げていかなくては。
posted by ikuko at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おばあちゃん。

病室のベットで数日間生と死の境目をただよい、父と母と私の目の前で、ようやくホッと息をついて祖母が亡くなってから、丸2年。
今日は、命日です。

祖母ちゃんが天国から見ていると思うと、背筋がシャンとします。
曲がった事が大嫌いで、潔癖で、美しい人だった。
真っ白な白髪、ピンと伸びた背筋、カクシャクとした歩き方。

祖母ちゃんに怒られるような事をしていてはいけないと思うけれど、現実はなかなか上手くいかない事の方が多かったりして…。
「あんた、また、なにやっとんがいね」という声が聞こえてきそうだけど…まあ、もう少し、好きにさせて、ばあちゃん。

IMGP0903.JPG
庭に咲く「ハルザキシュウメイギク」。清楚、質素。でも美しい。祖母を思い出す。
posted by ikuko at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

津沢夜高あんどん&魚政亭

津沢夜高あんどん祭りと共に開催された、シャンソン・カンツォーネの夕べ。
歌い手は、小松原るなさん、ピアノは清水史津さん。

会場は、小矢部の魚政亭。
ご主人夫妻にお招きいただき、両親と一緒に上質な時間をじっくりと味わわせていただきました。
素敵な空間に、素敵な音楽…。
魚政亭さんや周囲の方々の、温かくも強い信念のようなもの…歴史、人と人の繋がり…いろいろなものを感じました。
和洋新旧こだわりなく、本当に良いものを大事になさっている魚政亭さん。とてもいいお顔でお話をされる姿に、感銘を受けました。
本当にありがとうございました!
IMGP0905.JPG

IMGP0904.JPG
リハーサル。夜の本番では、お庭がライトアップされ、幻想的に。


歌もピアノも本当に素晴らしく…。
歌の合間には、表の通りから聞こえる、太鼓や笛の懐かしいお囃子…。
「夜高あんどん」。私の母が福野の生まれで、夜高祭りは母のルーツでもあり、私も津沢のものは初めてだったけど福野のものと同じリズム同じ笛に、キュッと胸をつかまれました。
叙情あふれるひとときでした。

それにしても、力強くパッションに溢れ、心に直接訴える、小松原さんの歌の素晴らしかったこと!
伝えたい、という気持ち。私の東京の師匠田崎先生と似た、何か特別なオーラを持つ方でした。

人に喜んでいただける音楽とはなんぞや、ということを、改めて考えさせられた一夜。
私も、もっともっと心ある音楽をしていきたいものです。

IMGP0921.JPG
魚政亭・小矢部市津沢
posted by ikuko at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

ドイツ思い出旅行の一コマ(2)

随分昔の事のように思えますが…ドイツ旅行記第二弾。

ライプツィヒ。街には、音楽が溢れる。
いたるところにあった巨大で奇抜な看板は、オペラ・カルメンの宣伝。きっとモダンな演出のものなのだろう。
日本人にとっては近付くのもカメラを向けるのも恥ずかしいくらいのこの看板が、堂々とこの古い旧東ドイツの街で市民権を得ている…音楽文化や現代アートを理解しようという動きの表れでもあるし、全裸で日光浴を楽しむドイツ人らしいところでもあると思う。
ドイツは、刻々と変化している。
 IMGP0677.JPG IMGP0643.JPG IMGP0658.JPG

私の通ってた学校の本館。
IMGP0712.JPG

IMGP0710.JPG

土曜の、もうすぐ24時という真夜中。
私もかつてよく利用した、本館すぐ近くのカフェは、経営者が変わり店の名前が4年前と違っている。
この静かな街でも、まだまだ学生たちは週末を賑やかに楽しんでいる。学生っていいなぁ。また、ここへ戻ってきたくなった瞬間だった。

IMGP0708.JPG

学校のすぐそば。愛しいライプツィヒ仲間の後ろ姿。
ライプツィヒの皆様。大量に撮ったおバカな写真たちは、どれも捨てがたく…また送ります!遅くなってゴメンね!
posted by ikuko at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。